頭全体が均一的に薄くなる「びまん性脱毛症」

薄毛の中でも、女性によく見られるのが「びまん性脱毛症」です。頭皮全体が均等に薄くなるもので、中でも頭頂部は頭皮が見えるほど薄くなりやすい傾向が見られます。

びまん性脱毛症の原因とは?

前頭部や頭頂部の薄毛が進行する男性のAGAや、一部分だけが薄くなる円形脱毛症などと異なり、びまん性脱毛症は頭全体がまんべんなく薄くなるのが大きな特徴です。 男女ともに起こりますが、中でも中年以降の女性に多く、特に60歳を越えた女性には多かれ少なかれ見られる症状だといえます。

原因の一つは老化です。髪の毛のもととなる毛母細胞の老化や、加齢による動脈硬化によって次第に髪の毛が生えにくくなるものです。いわば自然現象の一つといえるでしょう。

しかしストレスも一因になることがあります。女性の社会進出によってビジネスシーンでのストレスが増えているほか、育児や結婚生活でのストレスも関わっていると考えられています。

また若い世代の女性では、極端なダイエットも原因として挙げられます。十分な食事をとらないと、当然ながら頭皮にも栄養が行き届かなくなるため、成長期に育つべき髪の毛を維持できなくなるのです。

他にも避妊用のピルによるびまん性脱毛症もあります。ピルは「プロゲステロン」という女性ホルモンを使って排卵を抑制する薬ですが、しばらく使っていた後で中止すると、一時的に抜け毛が多くなることがあります。ちょうど妊娠期間が終わった女性によく起こる症状と同じだといえます。

びまん性脱毛症の治療法

治療法としては、まず原因がはっきりしている場合はそれを取り除くことが第一になります。ストレスがある場合は解消に努め、無理なダイエットをしている場合は中止することが欠かせません。

その上で、薬を使う治療法もあります。例えば男性の薄毛治療にも広く活用されているミノキシジルは、「リアップリジェンヌ」という商品名で女性向けにも市販されています。女性の場合は顔などの多毛症を避けるために1パーセント配合ですが、効果を実感しているという口コミも多く寄せられています。 ただしリアップリジェンヌは、加齢によるびまん性脱毛症にのみ有効とされています。

また日本では未認可ですが、「パントガール」という内服薬も、世界中で女性のびまん性脱毛症に使われています。主に細胞の代謝を促進して髪に栄養分を補給する薬で、髪の毛自体の質を良くしたり、爪を強くしたりする効果もあるとされています。

他にも漢方薬の処方や、頭皮に直接、育毛成分を注入する「HARG療法」をおこなっているクリニックもあります。ちなみに男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアは、以前まで女性の薄毛にも処方されていた時期がありますが、現在では害があるとして女性の使用は禁忌とされています。 一般的に女性の薄毛は男性よりも改善しやすいといわれますので、気になる方は一度、女性の薄毛を扱っているクリニックに相談してみましょう。