シャンプーによる薄毛対策

毎日使っているシャンプーを変えるのも、薄毛治療の1つの方法です。洗浄力のマイルドなアミノ酸系シャンプーのほか、薄毛専用のシャンプーも発売されています。

頭皮の汚れだけをとるシャンプーを使おう

基本的に薄毛対策のシャンプーとしては、石油系の界面活性剤を使っていないものが望ましいとされています。特に「ラウレス硫酸Na」などの硫酸系の成分が含まれているものは洗浄力が強すぎるため、頭皮にかかる負担が大きいといわれています。 もし今使っているシャンプーが少量でもよく泡立つ場合は、洗浄力の強い成分が使われているかもしれません。

また最近「ノンシリコンシャンプー」という商品をよく目にしますが、シリコンとはおもにくし通りを良くする潤滑剤のような成分です。これも洗浄力の強いシャンプーに多く使われています。なぜかというと、洗浄力が強ければ強いほど髪の毛がきしみやすくなるため、コーティングしてあげる必要があるからです。

ですからマイルドな洗浄成分が使われているシャンプーなら、シリコンは必要ないということになります。その意味でもノンシリコンのものも薄毛対策としてはおすすめです。

また髪にかかる負担を少なくするためには、事前に軽くブラッシングして髪のからまりやホコリを取っておくことも大切なポイントです。そしてシャンプー後はたっぷりのお湯でしっかりそそぎ、頭皮に成分を残さないようにしましょう。

薄毛専用シャンプーは、治療の補助として使う

その他、薄毛専用のシャンプーも色々と発売されています。

たいてい余分な皮脂を落とさずに汚れだけを除去する成分が使われており、それに加えて血行促進や栄養補給の効果をうたったものが多いはずです。またコーティング剤としてシリコンではなく馬油などの天然成分を使ったものも多く見られます。 口コミなどで評価の高いものを試してみるのもいいでしょう。

さらに育毛効果のあるミノキシジルやフィナステリドを配合した、より専門的なシャンプーもあります。ただし基本的に育毛成分を頭皮から吸収させることは難しく、内服薬ほどの効果はないとする意見が多いですので、あくまでも内服治療の補助として使ったほうがいいと考えられます。

またフィナステリド(プロペシアの成分)は妊娠中の女性には禁忌とされているため、もちろん配合されたシャンプーにも気をつける必要があります。家庭に女性や子どもがいる場合は、間違って触れないように保管場所を別にし、残り湯や泡をしっかりと洗い流すようにすることが大切です。