脂漏性皮膚炎による「脂漏性脱毛症」

頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって毛穴が塞がれてしまい、炎症を起こして抜け毛につながるのが「脂漏性脱毛症」です。男性ホルモンによるAGAでも起こり得る症状ですが、「脂漏性皮膚炎」による場合は基本的にAGAとは区別されています。

脂漏性皮膚炎はカビによる炎症が原因

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の過剰分泌によって、それをエサとして成長する「マラセチア」というカビが繁殖することで皮膚炎を起こすものです。マラセチアは誰の皮膚にも生息している常在菌の一つですが、増殖しすぎると炎症を起こし、頭皮の場合はそれが脱毛につながります。 つまり皮脂そのものが薄毛を引き起こすのではなく、それを好むカビによる皮膚炎が問題なのです。

またフケや頭皮のかゆみといった症状にも、マラセチアの増殖が関わっている場合があります。ですからフケが急に多くなった時には脱脂性皮膚炎にかかっている可能性があり、抜け毛が増えるリスクが高まるともいえます。

皮脂が過剰分泌される理由については諸説ありますが、ホルモンバランスの乱れや、脂分の多い食事が一因と考えられています。実際、患者さんを見ると食生活の乱れや、不規則な生活、また過度のストレスといった共通点が多いようです。

他にも、洗浄力の強すぎるシャンプーを使い続けることで頭皮に必要な皮脂まで奪われてしまい、それを補うために皮脂が過剰分泌されやすくなる、ということも考えられます。

脂漏性脱毛症の治療法

脂漏性脱毛症の場合、皮膚炎を起こしている「マラセチア」の増殖を抑えることが第一となります。ここがAGAなどの治療とは大きく異なる点です。

そのためカビを殺傷する「抗真菌薬」が処方されます。シャンプーに配合されたものもありますが、基本的には刺激の少ないシャンプーを使うことがすすめられています。

皮脂はすべて取り除けばそれでいいわけではなく、むしろ取りすぎると今度は奪われた分を補おうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいます。ですから地肌に優しい、洗浄力のマイルドなシャンプーで余分な皮脂だけを取り除き、常在菌のバランスをとる必要があるのです。

また食生活も重要なポイントです。皮脂の材料となる脂分の多い食事を避け、分泌を抑制する効果のあるビタミンB類を積極的にとるようにします。例えばほうれん草や豆類、魚介類などです。

皮膚科にかかっても、脂漏性皮膚炎の場合は抗真菌剤とビタミン剤の処方が一般的ですので、根治のためには生活習慣の改善が欠かせません。