薄毛から身を守り髪を増やすには海藻が一番?

薄毛と髪にまつわる都市伝説としては超有名であり、都市伝説界のスーパースターともいえるのが、海藻を食べれば薄毛を回避でき髪を増やせるというものです。日本人なら誰でも二度三度と聞いたことがあるはず、といえば大袈裟かも知れませんが、まったく知らないという人も少ないでしょう。

それどころか、髪を増やすために、いやこれ以上薄毛にならないためにと今日もせっせと海藻を食べている人もいるのではないですか。でも、お気の毒としかいいようがありません。この話は正真正銘の都市伝説であり、まったく根拠のない迷信だったのです。

海藻を食べても薄毛は防げないし髪が増えるわけもない

どうしてここまで信じる人が多いのかが謎といえば謎なのですが、実際のところ、わかめやひじきといった海藻類を食べたところで髪は増えません。それどころか、現状維持にさえ無関係なのです。

もし、海藻類にそんなパワーがあるのであれば、これだけ海藻類を食べる人口の多い日本において、薄毛の問題がこんなにも多くの男性を悩ませているはずがないでしょう。今日も味噌汁にいれたり、サラダにしたりして食べている人。これまでずっと食べてきたのに、まったく効果がないことにそろそろ気付きましょう。

もしかしたら、とっくの昔に気付いてはいるものの、それを認めてしまうと残されるのは絶望だけ。そんな気分なのかも知れませんね。

海藻が都市伝説の主役に抜擢された理由

これは検証のしようがありませんが、多くの人が感じているとおり「見た目」によるものでしょう。海藻は人間の頭髪に雰囲気が似ています。わかめをかぶったおっさんの画面はテレビのバラエティ番組などでは定番といえるでしょう。もっとも、最近は食べ物を粗末に扱わないということで見られないのかも知れませんね。

ともかく、あのふさふさ感が薄毛に悩む人たちの心を捉えたであろうことは想像に難くありません。この話をしても、引き続き海藻を食べ続ける人が何人もいるのではないかと思えるほどです。科学的にはミネラルが豊富ということがありますが、髪に影響を与えるまでには至らないのです。

食べ物の栄養としては文句ない海藻類

薄毛には効果がないものの、食物繊維にヨード、ミネラルなど含まれている栄養素は優秀なものである海藻類ですから、健康のために食べ続けることは良いことです。食べる動機が何であれ、それで健康の維持増進に役立つのであれば誰も文句はいいません。

直接的な関係こそないものの、まわりまわって少しくらいは薄毛阻止に役立っているかも知れませんしね。そういう意味では、ずっと勘違いしていても構わないのではないかと。こんなことをいうとお叱りを受けそうですが。

ただ、海藻ばかり食べていてはバランスが良くありません。却って薄毛を促進してしまうおそれがあります。しっかりといろんなものを食べるように心がけてください。