発毛サロンや育毛サロンって効果はあるの?

発毛サロン、育毛サロンというと、やはり全国的にメジャーなのはリーブ21でしょう。芸能人を起用したテレビCMを流していたり、社長自ら率先して広告塔となっていたりしているので、印象が強い人も多いはず。

ほかにもバイオテックやアデランス、アートネイチャーなどがあげられます。ですがこういった育毛サロン、AGA治療を掲げているクリニックとはどんな違いがあるのでしょう?そして、本当に効果はあるのでしょうか?

発毛サロンや育毛サロンの施術は、頭皮ケアがメイン

リーブ21やバイオテックのような育毛サロンの場合、施術のメインは頭皮ケアとなります。頭皮マッサージや独自のシャンプー、育毛剤などを使ってとにかく髪の毛がはえやすい、いい環境へと頭皮を導くことを目的としています。さらにサロン、という看板を掲げている場合は医師が常駐していない場所のため薬を処方したり医学的な施術を行うことは法律上できません。そのためエステティシャンのようなスタッフによる、念入りなシャンプーやマッサージなどしか行えない、というのが実情なのです。

そのため効果のほどは千差万別。体質とそのサロンの商品の相性が非常によく、髪の毛がしっかりはえて、薄毛を改善できる場合もありますし、全く効果が実感できない場合も。本当に人によるので、効果があるかどうかは実際に通ってみなければわかりません。しかし、こうしたサロンは割と高額なところが多いです。月額制、回数制など様々なプランが用意されているようですが、最低でも10万円はくだらないことが多いのだとか。

ですので多少改善を実感できたとしても、金銭的な負担から通うのを断念してしまう人も多く、この辺りも効果があるかどうかを分かりにくくしている理由のひとつのようです。もちろんなかにもリーズナブルなサロンはありますが、インターネット上などで料金を公開していることは少ないので、なかなか見分けにくいということもあります。

ですのでサロンに通おうと思っているのであれば、ある程度金銭的に余裕をもっておきましょう。またそのサロンが掲げている育毛理論などがある程度医学的に裏付けされているものなのか、もし効果が出なくても納得できるかどうか、慎重に考えてから通うことをおすすめします。

確かな改善を求めるなら、クリニックへ

このように育毛サロンの場合、効果が出るかどうかは未知数です。ですので確実に効果を実感したいのであれば、やはり医療機関であるクリニックへ行くのがベスト。とくに徐々に頭頂部や生え際が後退していくAGAの場合は、クリニックで治療薬を処方してもらうのが改善への近道です。またクリニックの場合は問診や頭皮チェックだけでなく、血液検査による遺伝子チェックを行ってくれるところもあるのだとか。サロンよりもより正確に薄毛の状態や原因を知ることができますね。

AGA治療というと行っているクリニックは少ないようなイメージですが、調べてみると意外と色々なところで診察してくれます。ED治療も行っているメンズクリニックや、治療薬の処方だけなら皮膚科でもやってくれるのだそう。また最近ではAGA治療専門クリニックも数多くありますので、もしかしたら意外と近所にあるかもしれません。

そして、AGA治療薬の場合は自由診療となり健康保険が適用されず薬が高額なことがネックでしたが、最近ではジェネリックも発売されました。そのため以前よりは金銭的な負担も大分軽くなり、治療を受けやすくなっているはずです。クリニックかサロンか、どちらに通おうか迷っている場合は、まずはクリニックへ相談に行ってみてはいかがでしょうか。実際に薬を処方してもらうかどうかも医師と相談できますので、気軽に足を運んでみてください。