AGAの画期的な治療薬「プロペシア」

AGA(男性型脱毛症)の画期的な治療薬として登場したのが、プロペシアという薬です。5αリダクターゼという酵素の働きを弱め、薄毛の原因となる強い男性ホルモンが生成されないようにする効果があります。

前立腺肥大症のプロペシア

プロペシアは「フィナステリド」という有効成分が使われた内服薬で、1997年にアメリカのメルク社から発売されました。その後2005年には日本でも認可を受けて、万有製薬(現MSD社)から発売されています。 市販薬ではなく、医師の処方箋が必要な医療用医薬品になります。

適用となるのは男性のみで、中でも頭頂部や前頭部から薄毛が進行するAGAの場合です。AGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて、強力なジヒドロテストステロンに変わることで引き起こされると考えられています。 プロペシアはこの酵素の働きを阻害し、ジヒドロテストステロンが作られないようにする薬です。

もともとフィナステリドは前立腺肥大症の薬として開発され、実際に「プロスカー」という薬として発売されています。しかしその後、薬を使った男性患者に発毛効果が見られたことから、薄毛の治療薬として新たに開発されたという経緯があるのです。

1錠1mgの錠剤で、基本的に1日1錠を服用します。医師の判断によって増えることはありますが、上限は1日5錠です。

またプロペシアはあくまでもAGAの治療薬ですので、他の原因による脱毛症や女性の薄毛には使えません。特に女性と子どもの使用は要注意で、中でも男児を妊娠中の女性は胎児の生殖器に異常をきたす恐れがあるため、「錠剤に触れることもいけない」として厚生労働省も警告しています。

プロペシアの効果や副作用は?

プロペシアの効果は、育毛というよりは「抜け毛の進行を防ぐ」ほうが期待されています。新たな抜け毛の発生を抑え、現状維持ができるということです。 また健康な髪の毛が生えやすくなるため、全体的に薄毛が目立たなくなるという声も多く聞かれます。

ただし効果を見るためには、半年間は服用する必要があります。それ以上たっても十分な効果が見られない場合は医師に相談の上、他の方法を検討することになるかもしれません。

副作用としては、かゆみやじんましんなどの皮膚症状や、胃の不快感、性欲減退などが一部で報告されています。またごくまれに重大な肝機能障害が起こる可能性もあるため、様子のおかしい場合はすみやかに受診しましょう。

プロペシアと聞くとEDや性欲減退の副作用というイメージが強いのですが、実際は1パーセント未満のまれな副作用であり、有効成分の含まれていないプラセボ(偽薬)と同程度であると報告されています。よって性欲減退はほぼないと思っていた方が無難でしょう。

プロペシアってジェネリックってあるの?

残念ながらプロペシアの特許はまだ切れていないので日本国内の厚労省で認可を受けたプロペシアのジェネリックは存在しません。インドではジェネリックはあるようですが国際特許を無視して作られているのでコピー版プロペシアの領域を出ない商品のようです。
しかし、とうとう国内正規品のジェネリックが発売されるとの情報を発見しました。
■参考URL:https://www.hama1-cl.jp/propeciageneric/
価格も安くなるようですし発売元も大手製薬メーカーのファイザーですから安心して使用できそうです。