体毛の濃さと頭髪の濃さは反比例する

体毛の濃さと頭髪の濃さは反比例する。つまり、胸毛がもじゃもじゃの人は頭の薄い人が多いという話です。思わず「そのとおり」と叫んでしまった人もいるでしょうね。そのくらいポピュラーな内容で、都市伝説というよりは、それなりに根拠のある話です。

毛の濃さは男性ホルモンの働きによる

男性ホルモンにテストステロンというものがあります。男性の健康に関心がある方ならこの名前に聞き覚えがあるかも知れません。近年注目を集めているLOH症候群、つまり男性の更年期障害に深く関係している男性ホルモンがテストステロンでした。LOH症候群は、テストステロンが低下することで起きるのですが、髪の毛の濃さを左右するものテストステロンだったのです。

胸毛がびっしり生えている、いかにも男くさそうな人の場合はテストステロンが大活躍していると考えて良いでしょう。ところが、このテストステロンには、毛根にマイナスの影響を与えてしまうという厄介なところがありました。簡単にいえば、頭髪が抜けてしまいやすいということです。この結果、体毛が濃い人は薄毛が多いという傾向があるのです。

そこで考えられるのが、LOH症候群ではテストステロンが低下しているのだから体毛が濃くなりにくいし、薄毛になりにくいのではないか、ということです。LOHにかかっても薄毛の悩みは少なくともない、ということであれば不幸中の幸いと言えるかもしれません。薄毛リスクは高くならないのでは?ということを補うためのARTアンドロゲン補充療法を行うと、やはり薄毛の心配が出てくるのでしょうか?そうなったらLOHと薄毛のダブルパンチを食らうことになります。

しかし、幸いにというべきか、LOH症候群の治療に用いるアンドロゲン補充療法が薄毛に結びつくという公的な話はありません。

イメージと事実が合致する珍しいケース

薄毛にまつわる都市伝説というものは、半分かそれ以上が都市伝説に違いない曖昧なものです。そんな中にあって、この体毛の濃さと頭髪の濃さは反比例するという定説はイメージと事実が合致する珍しいケースといえるでしょう。

ここでのイメージとは、胸毛がもじゃもじゃと生えていて、頭が見事なスキンヘッドという外国人プロレスラーのような人物像です。この容貌が思い浮かぶのも、一般に男性ホルモンの働きが胸毛を濃くするという認識が強ければこそでしょう。 もうひとつ、忘れてはいけないのが「ひげも濃い」ということです。

体毛の濃さはどうしようもないのか

さて、体毛が濃いと薄毛のリスクが高いということはわかりましたが、ではどうすればリスクを下げられるのかに興味が移ります。

そこで使いたいのがプロペシアです。プロペシアはAGA治療薬のトップランナーというべき存在です。自分ではどうしようもない理由で薄毛になるのを防ぐには、プロペシアの力を借りることも考えましょう。