薄毛によい食材・10選!

「もしかしたら、薄毛?!――」ある程度の年齢に達した男性なら、一度は経験する髪の毛の悩み。できれば、ストレスが掛からない簡単な方法で対策ができたら――という願いを持つ男性は多いでしょう。

中年期に関わらず、最近では若者にも薄毛の悩みを抱えている人は多くいます。こちらでは、髪によい食生活に役立つ情報を集めてみました。ぜひ日頃の薄毛対策にお役立てください。

髪のために摂ろう!

髪の毛の構造は、中心からメデュラ、コルテックス領域、キューティクルの順で3層になっています。それらのほとんどタンパク質がから構成されていますので、薄毛に悩んでいる人は、ぜひ食生活から良質なタンパク質を採るよう心がけるようにしましょう。

髪によい食材・10選を組み取り入れることできっとよい変化が表れることでしょう。10種類の食材の特徴を知ると、髪によい成分が自然に分かってくるでしょう。

1. 納豆

大豆に含まれるイソフラボンが男性ホルモン「テストステロン」の分泌を抑える。納豆特有の成分「ナットウキナーゼ」が血液をサラサラに保ち、頭皮の健康によい

2. レバー

ビタミンB群やビタミンAが豊富で頭皮の新陳代謝を高める

3. 海苔

コラーゲンの生成に必要なビタミンCが豊富、抗ストレスホルモン「副腎皮質」の合成を促進。ストレス性の抜け毛に効果あり

4. ナッツ類

ビタミンEが多く含まれ、元気な血管を保ちながら血行促進作用が期待できる

5. 高野豆腐

タンパク質と亜鉛の両方を含む貴重な食材。ビタミンEやイソフラボンも含まれ、薄毛に悩む男性やホルモンバランスが乱れる中年期以上の女性にもよい食材

6. 柑橘系の果物

みかんやグレープフルーツなどの柑橘系果物はビタミンCが多く含まれ、コラーゲンの生成によい。抗ストレスホルモンの分泌に一役買ってくれる

7. 乳製品

ビタミンB群を多く含み、タンパク質が多く取れる

8. いわし

タンパク質・亜鉛・ビタミンB6を含み、髪によい要素が揃ったヘルシーな食材

9. 緑黄色野菜

ビタミンA、B2が豊富。頭皮の健康と皮膚の新陳代謝によい

10. 牡蠣(生食)

亜鉛が豊富に含まれるため薄毛によい。亜鉛は日頃摂取しにくい食材のため、食材として摂り入れるには生牡蠣が有効

髪によい食材を気軽に!

髪によいとされる食材はいろいろありますが、こちらでは10種類をご紹介しました。よいとされる成分の共通点は、「タンパク質」・「亜鉛」・「ビタミンB群」・「ビタミンA・C・E」だと分かりましたか?料理をしない男性であれば、居酒屋のメニューで、これらの食材をチョイスしてみる、昼食の定食にいわしや牡蠣があったら頼んでみるなどできますね。既婚者なら、奥さんに頼んで料理に使ってもらうのもアリ!

食事はバランスも大切ですので、こちらの10選に偏り過ぎるのは、かえってよくありませんし、薄毛対策に限らず、何事も深刻になり過ぎない姿勢も大切なのでしょう。薄毛の対策はいろいろと紹介されていますが、忙しい人にとっては身近で取り入れやすい事から始めるのが、長続きする秘訣です。

いかがでしょうか。薄毛によい食材を10種類マスターしておけば、外食時でも積極的に摂り入れることができます。日頃からストレスのない生活を心がけ、髪に優しい環境を身体の中から作ってみませんか?