男性ホルモンの作用による薄毛

「男性ホルモンが多い人は薄毛になりやすい」という話を聞いたことはありませんか?実際それは正解なのですが、なぜ体毛を濃くする男性ホルモンが髪の毛を薄くするのかについて知る人は少ないかもしれません。ここではその不思議について見ていきましょう。

テストステロンがさらに強力になると…

男性ホルモンの働きには、骨や筋肉を作る、性欲を刺激する、闘争心や攻撃性を高める、といったものがあります。また手足や胸などの体毛を濃くするのも男性ホルモンの役割です。

しかし髪の毛に限っては、女性ホルモンの分野になります。よく誤解されがちなのですが、男性ホルモンは女性にも分泌されますし、女性ホルモンは男性にも分泌されるものです。どちらか一方しかないということはありえず、男女ともにどちらのホルモンも持っています。

そして薄毛で問題になるのが、男性ホルモンの一種であるテストステロンです。テストステロンは皮脂を分泌したり、髪の毛を作り出す毛母細胞を活発に分裂させたりする働きをします。

これだけでも薄毛を促進させるのですが、テストステロンが毛髪や皮脂に存在する「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくと、さらに強力な「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンになります。 この物質がまさに薄毛の大敵で、髪の原料であるタンパク質の合成を阻害したり、また皮脂を過剰に分泌させて毛穴を詰まらせたりするのです。

男性ホルモンによる薄毛は「AGA」

特にジヒドロテストステロンの影響を受けやすいのは、頭頂部と前頭部になります。ですから男性の薄毛はおでこや頭のてっぺんから始まる場合が多いのです。 逆に側頭部や後頭部から始まる薄毛や、全体的にまばらになる薄毛の場合は他の理由があると考えられています。

このように男性ホルモンの作用で起こる薄毛のことを、一般的に「AGA(男性型脱毛症)」といいます。これまで遺伝的な要素が強いと思われてきた男性の薄毛ですが、テストステロンの働きが解明されたことによってメカニズムがだいぶ明らかになってきました。 また、なぜ女性よりも男性のほうが薄毛になりやすいのかについても、これで説明がつくようになったのです。

現在、男性の薄毛治療に活用されている「プロペシア」という内服薬は、まさにこのAGAのための薬です。テストステロンが結びつく「5αリダクターゼ」の働きを弱め、ジヒドロテストステロンに変化させないことで薄毛を改善します。
プロペシアの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】