帽子やヘルメットをかぶるとハゲる?

「帽子やヘルメットをかぶっているとハゲる」と言われたことのある人も多いかもしれません。確かに「長時間の蒸れ」は頭皮に良くない影響を与えますので、なるべく換気を意識するようにしましょう。

帽子はUV対策として薄毛予防に効果的!

まず帽子ですが、薄毛対策としてはかぶらないよりもかぶったほうが賢明だといえます。というのも帽子は通気性のいいものがたくさんありますし、むしろ紫外線を浴びるほうが頭皮には良くないからです。

最近では男性の間でも「日焼け止め」の意識が高まりつつありますが、意外と軽視されているのが頭皮です。紫外線は皮膚の奥にまで届き、細胞を破壊して老化を促進させる怖い作用があります。

例えば髪の毛の場合、まずは黒の色素であるメラニンを分解するため、全体的に赤茶けた色へと変化してしまいます。また髪の毛の原料であるタンパク質にもダメージを与えますので、切れ毛や枝毛が多くなります。

そして頭皮の場合、乾燥や軽い炎症が起こるほか、頭皮の下の髪の毛を作る細胞にまで届いて影響を与える可能性があります。つまり紫外線は抜け毛や薄毛の大敵なのです。 ですから季節を問わず外出時には通気性のいい帽子をかぶり、頭を保護することが大切といえるでしょう。

ヘルメットは換気と洗髪を徹底しよう!

一方、ヘルメットは当然ながら帽子に比べると通気性が悪くなります。特に夏場は高温になるため、ヘルメットの中も蒸れやすく、汗や皮脂で頭皮がベタベタして雑菌が繁殖しやすくなることは事実です。

その結果、「脂漏性皮膚炎」となって毛穴が炎症を起こす可能性も否定できません。脂漏性皮膚炎は脱毛の一因になりますので、髪のためには決していいとは言えない状況であることは確かでしょう。

しかし仕事上ヘルメットが欠かせない人も大勢います。ですからできる範囲で、蒸れにくくする工夫をすることが大切です。特に夏場は、休憩時間などにこまめにヘルメットを外す習慣をつけて換気するようにしましょう。

そして仕事が終わった後はなるべく早めに頭を洗い、清潔に保つことが一番です。また髪を濡らしたまま放置すると、せっかくきれいに洗った髪に雑菌が繁殖しやすくなりますので、乾かす必要のないほど短髪の人以外はできるだけドライヤーで乾燥させるようにしてください。

ちなみにヘルメットに自分で穴を開けて通気性を良くすると、ヘルメットの強度に問題が生じる可能性があります。選べるなら最初から穴の開いたものを使用するようにしましょう。