養毛剤、育毛剤の違いって?

毛根に直接働きかけたり、頭皮環境の正常化を助けるとされる養毛剤や育毛剤。商品によって化粧品や医薬部外品と分類が異なります。では、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

養毛剤、育毛剤の違いは?

まずは養毛剤について。養毛剤は基本的に薬用成分を配合しておらず、それ以外の成分で頭皮環境を改善したり発毛を促進したりする作用をもっているものです。薬用成分が配合されていないことから化粧品に分類されていて、効果は低いものの副作用も少なく、手頃に購入できるメリットがあります。薬用成分が配合されていないため、効果が出るか出ないかは正直言って未知数。人によって効果にバラつきがあり、効果があったとしても非常にゆるやかに作用していくようです。

そして養毛剤のなかにも種類があり、発毛促進タイプと脱毛抑制タイプにわけられます。発毛促進タイプは血行を促進することなどにより、抜けてしまった髪の毛を再び生えやすくする作用があるとされる成分が多く配合されているよう。そして脱毛抑制タイプはすでに生えている髪の毛を太く、強くすることによって抜けにくくするとされる成分が多いもの。前者は薄毛が割と進行してきている人向け、後者は薄毛を予防したい人向けに販売されていることが多くなっています。

そして育毛剤は基本的な作用は養毛剤と同様なものの、薬用成分が含まれているものをさします。そのためほとんどの育毛剤が医薬部外品に、なかには医薬品として分類されているものも。医薬部外品や医薬品ならば効果がありそう、というイメージを持つ人は多いでしょうが、こういった分類は効果よりも副作用の大きさによってカテゴリされることが多いそう。副作用の大きさは医薬部外品、第3類医薬品、第2類医薬品、第1類医薬品の順で大きくなっていきます。そのため純粋に効果がありそうだから、という理由だけで安易に購入するのは要注意。薬剤師などからしっかり説明を受け、副作用や効果についてしっかり理解してから使用するようにしましょう。

今現在育毛剤に含まれている成分が引き起こすかもしれない副作用としてあげられているのが、むくみや動悸、胸の痛みや低血圧、性欲減退など。これらの症状があらわれた場合は仕様を中止し、受診するようにしましょう。

副作用を心配したくないなら、医師から処方を受けよう

このように市販されている育毛剤や養毛剤の場合、自己判断で購入するため副作用が起きたときの不安がどうしても残ります。いくら薄毛が改善したとしても、体調を悪くしてしまうのはいただけませんね。

そんな人におすすめしたいのが、発毛剤。発毛剤はメンズクリニックなどで医師から処方を受けなければ手に入れられない、医薬品です。薄毛を加速されるとされるホルモンの分泌を抑制する働きがあり、壮年性脱毛症、いわゆるAGAに効果があるそうです。代表的なAGA治療薬としてはプロペシアがあげられ、服用するタイプの薬となっています。

プロペシアはAGA治療を行っているクリニックに行けば問診のみで簡単に処方を受けることができ、副作用が起こる確率も数パーセント程度とのこと。さらに医師が既往症などを確認して処方しても構わない、と判断しているのですからより安心できます。受診しなければいけない手間はありますが安全性、安心感を優先したいのであれば間違いない薬のはずです。また育毛剤や養毛剤で思うような結果が出なかった、という人にもおすすめですよ。

養毛剤、育毛剤、発毛剤それぞれにメリット、デメリットがあります。効果の大きさだけ見ればプロペシアのような医師の処方が必要な薬がいちばんですが、持病などによっては処方が受けられない、健康保険がきかないなどのデメリットもあります。そういったメリット、デメリットをしっかりと理解し、自分にいちばん合ったものを選ぶようにしましょう。