育毛剤を使うときのポイント

育毛剤は使っても無駄、どうせ薄毛は治らない。そう思っている人は、実は本当に多いのだそう。そのため薄毛を気にしつつも何もしなかったり、ただただ悩んでいるだけだったり。ですが、対策をしなければ薄毛はそのまま進行していきます。もし悩んでいるのであれば、気休め、無駄とあきらめずにまずは正しい使い方を知りましょう。

育毛剤は頭皮マッサージを併用するべし

育毛剤のほとんどは、頭に直接つけるタイプ。そのため頭皮の毛穴から浸透し、毛根や髪の毛に栄養を与えたり、頭皮の血行を促進することで薄毛を改善する作用が期待されます。

ですが頭に直接つけるタイプの育毛剤は、頭皮環境によって効果が非常に大きく左右されます。頭皮が固かったり、血行が悪くなっていると、育毛剤が思うように浸透せずにいいものを使っても効果はイマイチ。そのため、育毛剤を使うのであれば有効成分が浸透しやすい状態へと頭皮を導いてあげることが大事です。

そこでおすすめなのが、頭皮マッサージ。頭皮を柔軟にするとともに血行を促進し、育毛剤の有効成分をより浸透しやすくする作用があるといわれています。指の腹を使って、頭皮全体をもみほぐすようにやさしく動かします。円を描くようにじっくり髪の生え際から頭頂部に向かって行うようにしましょう。育毛剤をつける直前であるシャンプーのときや、育毛剤をつけたあとに行うのが効果的。

育毛剤自身にも血行を促進する作用がありますが、頭皮マッサージであらかじめ血行をよくしておくと有効成分がより浸透しやすくなります。自分の指で行うのが面倒、という人はマッサージもできるシャンプーブラシを使うと手間いらずですよ。マッサージ自体はそこまで長時間かかるものではありませんので、育毛剤を使っているのであればぜひ試してみてください。

育毛剤はすぐ効果があらわれるものではない?

育毛剤を使っていても、全く効果が出なかったという人は、実は短期間で使用をやめていることが多いようです。商品の説明書などにも記載されていますが、育毛剤は効果があらわれるまでにそこそこの期間が必要。

これはヘアサイクルという、髪の毛の生え変わりの周期に関係しています。通常髪の毛は抜けてから新しい髪の毛が生えてくるまで、3~4週間かかるそう。しかも薄毛の人の場合、すでに生えている髪の毛も細く、弱っていることが多いので、実際に効果を実感できるまでには早い人で3ヶ月、人によっては半年、1年と長くかかることも。そのため1週間や10日で結果が出ることはまずありません。気長にじっくり改善していく必要があるのです。

また、このように期間がかかるのは市販品だからという訳ではなさそう。AGA治療薬として使われているプロペシアでも3ヶ月ほどでは抜け毛が減少し、産毛が目立つようになり、周囲の人が気付くようになるためには4~6ヶ月ほど必要です。それでも市販品と比べれば、かなりの短期間で効果が実感できる、と言えるくらいなのだそう。

このように、薄毛を改善するにはある程度の期間がかかります。原因や体質、生活習慣などによっても多少違いはありますが、1週間や10日など、短期間で効果を実感できることはほぼないと思ってもいいでしょう。育毛剤を使ったり薄毛の改善を目指すのであれば、まずはヘアサイクルのことなど、髪の毛のことも知っておくといいかもしれませんね。