薄毛の治療費

薄毛の治療法にはいくつもの選択肢があります。どの方法を選ぶかによってかかる費用も大きく異なるのが実情です。そこで、気になる薄毛の治療費についてみてみることにしましょう。

薄毛治療の本命プロペシア

いくつかある薄毛治療の選択肢の中でも、期待と実績で本命と目されているのがAGA治療薬プロペシアによる投薬治療です。AGA男性型脱毛症は皮膚科や専門クリニックで治療を受けますが、残念なことに健康に重大な影響のある病気・疾患とは認められておらず、毛が薄い状況・状態という扱いのため健康保険が使えません。

健康保険が使えないということは自由診療なので、かかる費用はクリニックによって異なるのです。

一般的なクリニックの料金体系を見てみますと、初診費用は別として、一ヶ月にかかる費用が2万円前後から5万円程度のようです。プロペシアを使う場合も使わない場合も含めてこのくらいのようです。

この時点での料金には倍の開きがありますが、価格差そのものは許容範囲内でしょうか。もちろん、治療内容によってこの範囲より高くなることもあります。また、プロペシアのほか、ミノキシジルなども用いられます。

プロペシアなどの投薬治療は1ヶ月や2ヶ月のスパンでは終わりません。効果があらわれるまで時間がかかるためです。半年続ければ月間5万円で30万円、1年間なら60万円の治療費が必要となります。大事な頭髪を守るためですから、この程度ですめば安いものかも知れませんね。

診療の流れはどこも似ている

基本的に初診時にカウンセリングを行います。血液などの検査と合わせて患者さんの状態を把握し、治療方針を立て、実際の投薬治療・継続通院というのが一般的な流れとなっています。その中で、より効果が高いと思われるものや、患者さんの希望に応じてオプション治療を組み合わせることもあるようです。

内服薬だけでなく、薬剤の注射もあり、月額で見た場合にこちらは何割か高めの設定になるようです。

治療期間に終わりはないともいえるのがAGAですが、一定の効果を実感できるのが半年から1年程度で、早ければ4ヶ月でも効果があります。その後、いつまで治療を続けるかは患者さん本人の考え方次第となります。

ずっと安定した状態を維持したいなら、もうしばらく続けてみようということになります。治療を終えたために再び薄毛が気になるということがないとはいい切れません。しかし、あるともいい切れないものなのです。

市販薬の使用は費用面で効果あり

市販されている薬剤を使用する場合、その効果についてはクリニックでの治療と比べられるものではないかも知れません。しかし、費用面では圧倒的にリーズナブルであることは確かです。どうしても経済的な事情で安くあげたい場合は、市販薬から入ってみるのもひとつの手です。