産後に大量の髪の毛が抜ける「分娩後脱毛症」

女性の薄毛の悩みで多く聞かれるのが、「産後に大量の髪が抜けるようになった」というものです。多くは一時的なものですが、あまりに気になる場合は対策をとりましょう。

なぜ産後に髪がたくさん抜けるの?

女性の産後の抜け毛は「分娩後脱毛症」といって、多かれ少なかれほとんどの産婦さんに見られるものです。 びまん性脱毛症の一つであり、一部分ではなく頭全体から髪の毛が抜け落ちることが一般的です。

分娩後脱毛症には、女性ホルモンの働きが深く関わっています。髪の毛は、伸び続ける「成長期」と、抜け落ちる「退行期」、そして新たな髪を作る準備をおこなう「休止期」の3つのサイクルを繰り返しますが、妊娠後期になると女性ホルモンの増加によって「成長期」が長く持続します。

ですから本来なら退行期に入るはずの髪の毛が抜け落ちずに、頭皮にとどまるのです。実際、妊娠後期になると抜け毛が少なくなっていることに気づく女性もいるでしょう。

しかし産後しばらくして女性ホルモンが元通りになると、それまで維持されていた髪の毛が一気に休止期に入ることで、大量の抜け毛が見られるようになります。つまり、とっくに抜けるはずだった髪の毛と、新たに休止期に入った髪の毛が同時に抜けるため、病的なまでに抜けているように感じるのです。

分娩後脱毛症の治療法

このように、分娩後脱毛症は特別な病気などではなく自然現象の一つだといえます。ほとんどの場合、時間の経過とともに自然と抜け毛は収まりますし、産後1年も経てばヘアサイクルも元通りになるでしょう。

しかし中には、もともとびまん性脱毛症の傾向があった女性が、出産を機に悪化するケースも見られます。あまりに見た目的に気になる場合は、何らかの対策をとったほうがいいかもしれません。

基本的には十分な栄養と休息をとり、産後の体の回復に努めることが一番です。特に食事では、髪の原料であるタンパク質と、その合成を助けるミネラル類を多めに摂取するようにしましょう。

また必要に応じて、皮膚科や美容クリニックに相談するのも1つの方法です。頭皮に育毛成分を注射する「HARG療法」や、授乳中でも服用できる漢方薬などを処方してもらえることがあります。

ちなみに育毛剤として広く活用されているミノキシジルは、女性用に「リアップリジェンヌ」という名前で市販されていますが、基本的に加齢による脱毛症にのみ適応となっています。また母乳にミノキシジルが移行することから、産後の抜け毛にはおすすめできません。