薄毛と枕の関係

睡眠は人間の生理現象です。眠らなければ、体調を崩してしまいますし、徹夜が続けば誰でも身体の不調が起こります。快適な眠りのための必需品「枕」ですが、実は、薄毛対策にとって重要視したいアイテムの一つです。今回は薄毛と枕の関係性に迫ります。さっそく今日からできることを始めてみませんか?

枕を選ぶときは…

「使う枕によっては薄毛を招く」ことも考えられるほど、意外と知られていないのが枕の重要性。育毛剤も使っているし、俺は大丈夫だ!と枕選びをおろそかにしては、せっかくの日々の努力も水の泡――。

枕は一度買うと頻繁には買い替えませんし、簡単に洗えるものではないですよね。「簡単に洗えない」・「頻繁に買い替えない」の二つの事柄を挙げてもみても、枕には様々な雑菌が蔓延しているのは想像に難くありません。

清潔保持を重視すると枕カバーを頻繁に交換するのも有効です。枕を新調する際には、一緒に枕カバーを何枚か購入しておくと、洗濯しても替えがないなどの状況にならず、おすすめです。夏場など大量に汗をかく季節には、頭皮を清潔に保つ目的で毎日枕カバーを交換しましょう!

よい枕の条件

薄毛対策に枕は重要なのは、分かりました。しかし、薄毛専用の枕など売っていないし、店員さんに薄毛対策の枕が欲しいなんて、恥ずかしくて言えませんよね。そんな時は、一般的によいとされる枕選びのポイントをマスターして、プラスαとして素材などにこだわるのは、いかがでしょう。

寝具メーカーのホームページでは、枕の選び方がよく紹介されていますので、プロの見解を参考にするのも勉強になります。自分に合う枕を見つけたら、睡眠環境が劇的に改善し、深い眠りが期待できるでしょう。

【枕の選び方のポイント】
1. 高さ
2. 素材
3. 形
4. 大きさ

薄毛対策を考えた時に重視したいのは、何といっても通気性。その点でみると、あずき素材や竹枕は、通気性が抜群です。暑い季節に枕に湿度がこもらないような素材を選択の基準にします。布団のようにマメに天日干しするのもよいですが、洗える枕であれば、毛髪にとって清潔な環境を作りやすいですね。また、起きたときに首が痛いと感じる枕は、血行不良の原因となりますので、購入時に使用感も必ずチェックするようにしましょう。

枕無し睡眠法は薄毛にもいいの?

枕を清潔に保つなんて面倒だし、続ける自信がないという男性も多くいるでしょう。いっそ、枕なんて使わない方が髪の毛のためによいのではないかと考える気持ちも分かります。

そもそも、枕無し睡眠法が薄毛によいとされるのは、頸椎(首)がまっすぐになり、枕を使うことで起こる血行不良を防げるためです。また、枕を使った時に比べ、鼻孔が上を向くため呼吸も楽になり、たくさんの酸素を取り込めるというなら試す価値もありそう――。

ただし、実践してみたという人の声は、効果があったという声から、効果なしまで様々です。このように枕の「アリ・ナシ」は、賛否両論ありますが、費用もかからないので、気になるなら一度試してみても良さそうですね。

薄毛を引き起こす要因は、意外と身近なところにも転がっているものです。毎日使う枕なのに、意外と無頓着の人が多いのは不思議…。枕選びを含め、普段の睡眠環境を見直すことは、薄毛の原因要素の排除するためにも、必要不可欠だと言えるでしょう。