薄毛予防の基本、正しいシャンプーを選ぼう

薄毛予防の基本は、髪の毛を洗うためのシャンプーです。シャンプーは髪の毛のダメージとなる整髪料などを洗い流すほか、頭皮の毛穴にたまった汚れをとる役割もあります。ですがシャンプー選びを間違えてしまうと、逆に頭皮や髪の毛にダメージを与え続けることにもなりかねません。

シャンプー選びのポイントは?

シャンプーは意外と知られていませんが、3つの種類に分けられます。「アミノ酸系」と「石けん系」、「アルコール系」の3つです。

アミノ酸系は洗浄成分である界面活性剤に、アミノ酸が使われているもので、洗浄力が弱い反面、刺激が少ないという特徴があります。敏感肌の人向けに販売されていることが多く、価格はやや高めです。

石けん系は界面活性剤にアルカリ性の石けんが使われているもののことをさします。シャンプーに使われている石けんの多くは、動物性の油脂をアルカリで反応させたものとなっており、無添加なうえ洗浄力が高くなっています。ただそのかわり少々刺激が強く、肌をバリアする皮脂なども一緒に落としてしまうこともあるようです。

最後にアルコール系。高級アルコール系とも呼ばれ、ドラックストアなどで手頃に購入できるシャンプーの多くがこのタイプです。界面活性剤に石油系のものを使っており、洗浄力が高く価格が安いという特徴があります。

これらのなかで、薄毛予防の観点からいちばん適しているのはアミノ酸系。逆に薄毛予防にいちばん向いていないのがアルコール系となります。とはいえ、どのメーカーのシャンプーも、アミノ酸系などと記載してあることはほとんどありません。見分けるポイントは、成分表を見ること。アミノ酸系のシャンプーの場合、○○ベタイン、ココアンホ○○、ココイル○○などが含まれています。逆にアルコール系にはラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル流酸カリウムなど、硫酸という文字が必ずありますので、見分けるポイントにしてください。

一見洗浄成分が高いシャンプーの方が頭皮の汚れをしっかり落とし、薄毛予防には効果があるように思えます。ですがアルコール系シャンプーのように高すぎる洗浄力を持っていると、頭皮やを保護してくれる皮脂を必要以上にとりのぞいてしまったり、キューティクルを荒らしてしまうことがあるそうです。男性の場合は女性のように整髪料をたっぷり使うことは少ないと思いますので、適度な洗浄力と頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。

薄毛を予防したいなら、自分専用シャンプーを

髪の毛のケアにも熱心な女性と違い、男性の場合は「洗えればなんでもOK」という人も多いよう。そのため奥様が使っているものを一緒に使っていたり、メーカーが変わっても気にしないようです。

ですが薄毛をしっかり予防したいのであれば、自分専用のシャンプーをぜひ用意してください。体質や肌質が人それぞれ違うように、髪の毛の質も個人差があります。ドラックストアなどで売られている、手頃な値段のものならばほとんどの人が使っても問題ない、という商品でしょう。ですが本当に自分の髪の毛や頭皮のタイプに合っているか、というと疑問が出てきますね。

なので薄毛を予防するには、自分の髪の毛や頭皮のタイプに合ったシャンプーを探すことから始めてみてください。頭皮の状態が悪いと、なにが原因で薄毛になってしまっているか判断しにくい場合もあります。もしホルモンが原因なのであればプロペシアという、服薬による治療も可能です。メンズクリニックなどに受診し、医師による処方が必要な薬ではありますが、薄毛の原因となる強力な男性ホルモンの生成を抑制する作用があり、頭頂部や前頭部から進行する薄毛に効果的といわれています。まずはシャンプーをきちんとしたものにかえてみて、それでも改善が見込めないようであればぜひメンズクリニックにも足を運んでみてください。